サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECシステムで導入したい決済方法の種類とは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/09

ECシステムを構築する時にはいくつもの支払い方法を準備するのが一般的です。特に決済方法はそのECサイトの売れ行きまで左右するものですから、ECサイト構築の時に必ずどういう決済方法を導入するか、その種類や内容についても理解しておきましょう。システム使用料などにも影響を及ぼす部分なので、よく比較して行う必要があります。

クレジットカードは王道の決済方法

まず、よくあるのが「クレジットカード」です。これはECサイト構築では最も王道の方法となっており、特に最近のECサイト構築では最初から考慮されていることが少なくありません。クレジットカード支払いは、主にカードで決済をし、その後に商品の発送などを行うのが基本です。

この方法はほぼすべての決済サービスやネットショップなどに導入されており、時にポイントプログラムなどで大きく利益を出す可能性も高いでしょう。選ぶ必要があるのは対応する国際ブランドについてです。

国際ブランドとは加盟していれば世界中で決済できるというブランドで、基本的にはVISAとMasterがあれば大体の人は使う事が出来るとされています。ですが、対応している範囲が広いのに越したことは無く、具体的にはJCBやAmericanExpress、ダイナースなどに対応しているのも悪くはありません。また、海外からのインバウンドや越境ECも考えるなら銀聯カードなどにも対応している方がいいでしょう。

ただ、クレジットカードは少なくない手数料がかかり、またこの手数料分をクレジットカード利用者に請求する事は規約違反となっています。購入者がクレジットカードで支払った場合、この手数料分を引いた金額がカード会社から支払われます。このため手数料が高いカードのブランドにはあえて対応しないのも方法です。

銀行振り込みやコンビニ払いは現金派向け

もう一つの方法としては「銀行振り込みやコンビニ払い」などです。これは商品を注文した人へ振込先として銀行口座を案内したり、コンビニに行って支払ってもらう方法です。商品を注文しても代金の支払いが確認できない限り商品の発送などが出来ないのが難点ですが、現金派やクレジットカードを持っていない人、あるいは最初に支払ってしまいたい人などに向いています。

メリットは手数料をお客様負担にしやすいのでECにまつわる経費を削減できます。特に経費をあまりかけたくない、という人には好まれやすいでしょう。ただし、ECシステム上で入出金の管理が出来ないという難点もありますが、これはシステム構築や振込銀行口座との連携によって解消する可能性もあります。

デメリットとしては、発送までにタイムラグがあったり、限定品や予約でキャンセル不可の商品でも代金の支払いが確認できない限り商品の発送ができず、結果として強制的にキャンセルになってしまうなどの可能性があるという点でしょう。

また、いくつもの銀行やコンビニに対応するとそれだけ手間もかかり、管理が面倒になってしまう可能性もあります。 ECシステムによってはこういった支払い方法に対応していない可能性もありますので、ECサイト構築時には最初からどういう風にしておくのがいいか、確認しておきましょう。

代金引換は無難な方法かもしれない

最後に「代金引換」という方法です。この方法は配送業者が商品を届けた時に別途代金を支払ってもらうというもので、いくらか手数料はかかるものの安全な支払い方法として知られています。実は昔は現金しか支払い方法がありませんでしたが、今ではクレジットカードで支払いに対応している配送業者も少なくありません。

この方法はECシステム上ではあまり手間もかからず、商品を発送して配送業者に引き取ってもらい配送業者が支払いを確かめるというものです。そのため、商品代金を支払えない場合は商品を受け取ることはできませんし、代金ももらわずに商品だけ発送するなど、もらい損ねることはありません。

とはいえ、こちらも銀行振り込み同様に支払いをしてもらえずに強制キャンセルという可能性もあります。また、代金引換も手数料がかかりますし、当然ですが送料もかかります。今では使用する場面も限られていますが、未だに利用する人は少なくありません。

例えばカードで支払いたいけど代引きのカード払いしか対応していないとか、あまり見慣れないECサイトの利用などで使われることが多いでしょう。あまりよく分からない所やシステム上カードの情報を渡すのが怖いようなサイトで注文する場合、代金引換を利用してカード情報が漏洩しないように自衛する人もいます。出来るだけ対応した方が良い支払い方法とも言えるでしょう。

 

今ではクレジットカードと代金引き換えに対応しているところが多いのですが、大手ECサイトになると様々な決済システムを準備しているところも少なくありません。また、資金繰りを考えると銀行振り込みの方が都合がいい、という企業もあるでしょうから種類は豊富に準備しておいた方が利便性も高くなるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧