サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECサイトのメディア化とは?従来のサイトとの違いやメリットに迫る!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/21


今やオンラインショッピングは当たり前の世の中となっており、大手企業のみならず中小企業、個人までECサイトを立ち上げています。ECサイト業界も競争が激化するなかで、メディア化する事業者が増加傾向にあります。今回はECサイトのメディア化について、従来のサイトとの違いやメリットに迫ります。

ECサイトのメディア化とは

販売を中心としたサイトに情報発信などのコンテンツを加えることで、一定のファン層を作るようなECサイトに作り上げていくことをメディア化といいます。ECサイト上へ単純に商品を並べるのではなく、関連情報やお役立ち情報といった顧客が喜ぶ情報を提供するといった、ECサイトとWebメディアを組み合わせたマーケティング手法です。

インターネット上の検索エンジンからECサイトにたどり着く流入経路がありますが、検索上位に入るか否かで集客率に大きく差がついてしまいます。検索結果の上位に入るためには、検索エンジンから有益な情報を提供しているWebメディアと判断される必要があります。

検索エンジンもユーザーがすぐに求めている情報にたどり着くように定期的なアップデートを行っているのです。顧客にとって有益なコンテンツを発信することで検索上位に並べば、流入数の増加が期待できます。ECサイトには販売のみならず、メディア化によって新たなターゲット層を増やしていく手法が求められています。

ECサイトをメディア化するメリット・デメリット

次にどのようなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

メリット①
SEO対策に適している

Webサイトが検索上位に表示されるために対策を行うことをSEO対策といいます。ECサイトのメディア化によって顧客にとって有益な情報を掲載すれば、SEO対策につながります。さまざまなSEO対策がありますが、信頼性が高くニーズの高い情報源として検索エンジンに認識されれば、検索上位に食い込むことが可能です。

メリット②
リピート客が増える

ECサイトをメディア化することで、有益な情報を得るために訪問する見込み客が増えることが期待できます。発信するコンテンツのファンとなった顧客が商品を購入した場合はリピート客になってもらえる期待値も高まります。インターネット上でのショッピングは価格のみで判断されてしまうこともありますが、ECサイトをメディア化することで競合に差をつけることも可能です。

メリット③
商品知識の向上

ECサイトでは手軽にさまざまな商品を販売できる一方で、商品に触れる機会が少なくなってしまうことがデメリットとなります。しかしながら、ECサイトをメディア化することで商品知識の向上も期待できます。商品の特徴やよさをアピールするコンテンツを作成していくうえで、必然的に商品知識が高まります。ブログなどのコンテンツを読んだ顧客は購買意欲が高まり、販売側も商品知識が高まるため、双方にとって大きなメリットとなります。

デメリット①
担当者の負担が大きい

ECサイトをメディア化するには相応の労力が要るため、担当者に大きな負担となってしまうことがデメリットとなるでしょう。コンテンツ制作に精通しているスタッフであれば問題ないですが、未経験者にはハードルが高くなってしまいます。立ち上げ時のドメインの取得やデザイン、記事執筆といった作業はアウトソーシングするなどして、担当者に負担が集中しないような配慮も必要です。

デメリット②
効果実現まで時間を要する

ECサイトをメディア化してすぐに効果が発揮されるわけではありません。コンテンツを製作しても検索上位に引っかかるまでに、かなりの時間がかかります。メディア化して軌道に乗せるまでは根気強くコンテンツを発信していく必要があります。

ECサイトをメディア化するまでの流れ

どのようにECサイトをメディア化すればよいのか気になる人も多いことでしょう。以下のような流れで進めてみましょう。

メディア化の目的を明確にする

まずはECサイトをメディア化する目的について、明確にしておくことから始めましょう。目的が明確でないコンテンツは顧客のファン化につながらず、集客力も上がらないなどの可能性があります。ECサイトをメディア化する目的をしっかりと定めておきましょう。

ターゲット顧客の設定

ECサイトをメディア化する目的が決まったら、ターゲットとする顧客を設定します。方向性を定めるためにも、ターゲット顧客をできる限り細かい条件で設定する必要があります。

メディア化の制作から運用

ターゲット顧客が決まれば、メディア製作に進みます。メディア化立ち上げに必要な人材がいる場合は自社で製作することでコストを抑えられます。人材がいない場合は外部委託という選択が可能ですが、コスト負担が大きくなってしまいます。メディアは製作した後の運用が重要ですが、記事作成などを自社で行うのか外部委託するのかを見極めていくことが重要です。

まとめ

今回はECサイトのメディア化について紹介しました。ECサイトをメディア化することで顧客をファン化できることが期待できます。有益な情報を発信するコンテンツ制作を行っていくことで、SEO対策につながり集客力が高まります。ECサイトのメディア化は売上アップが期待できるため、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧