サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

スーツの女性が悩んでいるイラスト

皆さんこんにちは!

当サイト管理人の三田と言います。ごく普通の会社員として普段はECサイトの運用を任されたりしています。

うちの会社はここ数年、売上の横ばいが続いていたため、売上アップのための「テコ入れ」としてECサイトのシステムリプレイスなど、根本から見直しを図ることになりました。とはいえ、私は細かいシステム構築に関してはさっぱりなド素人です。

「やはり効率的かつ質の良いECサイトを作成するなら、システム構築のプロに任せるのが一番!」と、すぐにECシステム構築会社を利用することに決めました。

しかし会社の選定が初めてだったうえに、数多くのシステム構築会社が存在するためとにかく大変でした!あらゆる情報を吟味し、調べた結果、多少時間はかかりましたが無事に優良会社に依頼することができました。

このサイトは、「私と同じような苦労は味わってほしくない!」という思いから、ECシステム構築会社の選定にお悩みの方のために立ち上げました。少しでもECシステム構築会社の選定の手助けになれば幸いです。

ECサイトとは?今一度確認しておこう

スーツの男性がレクチャーするイラスト

そもそもECサイトとはなにか?基礎知識になってしまいますが、これからEC事業を始めたい方に向けて詳しく解説していきます。

この10~20年の間に目まぐるしい変化と成長を遂げているEC市場。スマホの普及により、ますます需要は伸びています

EC事業を成功させるにはまず、EC事業・サイト、そしてその特徴についてよく理解し、十分な知識を身につけておくことが大切です。

→ ECサイトの概要について詳しく見てみる

ECサイト構築の基礎知識

男性がPCで勉強イラスト

ECサイトのシステムには、ASP・オープンソース・パッケージ・フルスクラッチといった種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。コラムでは、システムの種類や各システムの価格相場、メリット・デメリットについて解説しています。

現在サイトの構築を検討している方は知っておいて損はないですよ!運営の仕方、取り扱う商品などを考慮し、最適なものを選ぶと良いでしょう。

→ サイト構築の基礎知識についてはこちら

ECシステムの選び方

女性がボードで説明をしているイラスト2

ECシステム選びの基準として、機能・費用・期間の3つが挙げられます。まずは基本的な情報を押さえておくことが大切です。

このような基本情報は集めやすいため、調べる手間が省けるだけではなく、候補が複数あっても比較しやすくなります。また、ECシステムを選ぶ際に、必ず念頭に置いておきたいのは、「そのサイトで何がしたいのか」「必要な機能は何なのか」などのポイントです。

そもそもの運用目的や目標、機能の意味を明確にしておくことで、運用担当者にとって、そしてお客さまにとっても、使いやすく需要のあるサイトに仕上がります。

→ ECシステムの選び方について詳しい解説はこちら

おすすめECサイト構築システム7選!

ERS(トーテックアメニティ株式会社)の画像1
どんなサイトも対応可能!オプションも豊富でうれしい

ERSはトーテックアメニティ株式会社の商品です。リリースから18年以上、アパレルや食品、コスメ、高級ブランドなど年商200億超えの大型ECサイトでの実績もあり、商品のジャンルを問わずECサイトの構築・運用に対応できます。

カスタマイズ性に優れ、外部システムやツールとの連携も得意なので、必要な機能を必要なだけ使えて無駄がありません。オプションサービスも用意されており、長期利用にも十分なECサイト構築システムです。

ERS(トーテックアメニティ株式会社)の基本情報

オプション ・キャンペーン事務局代行サービス
・運用サービス(IT資産おまかせサービス・安心運用おまかせサービス)
実績 サイト構築実績は450サイト以上。年商200億円のECサイト構築実績を持つ
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
300万円~
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:〒163-0417 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング17F
・TEL:(代表)03-5657-3210
問い合わせ方法 電話、公式サイトの問い合わせフォーム
株式会社ecbeingの画像1
国内最大級の開発体制と実績が魅力

年商100億円超えのパソコンショップ、「ソフトクリエイト」のオムニチャネル経験をもとに開発された、ecbeing。1,200サイト以上に選ばれたECサイト構築パッケージソフトです。

実際のECビジネス経験を活かし、徹底的にサイトの運営者目線で作成されたソフトなので、実用的な機能が揃っています。クラウドバージョン「メルカート」も販売しており、低コストでecbeingの機能を導入したい方にはこちらがぴったりですよ。

株式会社ecbeingの基本情報

オプション ・visumo(ビジュモ),sechstant(ゼクスタント),OMOアプリ+
実績 比較サイトITreviewでアワードを受賞!創業34年、これまで1,200以上のサイト運営・構築の実績を持つ
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
不明
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
・TEL:03-3486-2631
問い合わせ方法 電話、公式サイトの問い合わせフォーム
株式会社インターファクトリーの画像1
大企業からも選ばれるいつでも安心&最新システム

主要クラウドECプラットフォームとして3年連続シェアNo.1に輝く「ebisumart」。拡張性・最新性・安心性の3つを備えた優秀なシステムです。

「常に最新」、「いつも最適」が強みで、週に一度のアップデートで常に進化を遂げています。導入実績は600サイト以上で、NTT西日本やYAMAHA、SQUARE ENIXなどの大企業からも厚い信頼が寄せられているようですね。

株式会社インターファクトリーの基本情報

オプション 不明
実績 導入実績は600サイト以上。主要クラウドECプラットフォームとして3年連続シェアNo.1を誇る
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
300万円~
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・【本社】〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目10番2号 飯田橋グラン・ブルーム 4F
・TEL:03-5211-0056
問い合わせ方法 電話、公式サイトの問い合わせフォーム
ec-orangeの画像1
チームでサポート!大規模サイトの構築もコスパ◎

株式会社エスキュービズムが提供する「EC-ORANGE」は、売り切り型のECサイト構築システムです。ECサイト構築システムだけではなく、初心者でも扱いやすいマーケティングオートメーションツール(ORANGE MA)も開発しています。

また、チーム制を採用しており、各工程の専門家がそれぞれ開発を進めていくので、コストを圧縮するだけではなく、開発期間の短縮化を実現できています。

EC-ORANGEの基本情報

オプション ・ORANGE MA(マーケティングツール)
実績 基幹システム・外部サービス連携の実績多数
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
1,000万円~
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
・TEL:(代表)03-6430-6730
問い合わせ方法 公式サイトの問い合わせフォーム
株式会社コマースニジュウイチの画像1
安定とスピードを兼ね備える国産ECパッケージの代表

株式会社コマースニジュウイチは、多数の実績を持つECシステム構築専業ベンダーです。

コマースニジュウイチユーザーのEC売上高はなんと3,200億円以上。これは、国内のシステム導入ECの流通総額のおよそ1割を、コマースニジュウイチユーザーが占めている計算になります。

大手企業のECサイト構築にも実績を持ち、多くの企業のEC事業を成功に導いてきました。経験豊富なスタッフによるサイト運用の内製化支援も受けられるため、「将来的に社内でサイトの運用をしたい」と考えている方にもおすすめです。

株式会社コマースニジュウイチの基本情報

オプション ・検索エンジン&サジェスト機能
・レコメンドASP
・Yahoo!ショッピング出店者向けツール「B-Space」
実績 国内大手ECへのシステム導入社数は300社以上。コマース21のユーザーだけでもEC売上高は3,200億円を超える
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
不明
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:【本社】〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー6階
・TEL:03-3470-4702
問い合わせ方法 電話、公式サイトの問い合わせフォーム
株式会社フューチャーショップの画像1
年商1億円突破企業が続出!使いやすいCMSも魅力

株式会社フューチャーショップは、「futureshop」シリーズの企画、運営、開発までを手掛ける会社です。

2019年12月時点で、なんと2,500を超える店舗がfutureshopを利用中!実績とノウハウを豊富に持ち、年商1億円を突破する店舗が続出しているようですよ。

定期的に機能の追加やバージョンアップしているので、いつでも最新の状態で利用できるのがfutureshopのメリットの一つです。

株式会社フューチャーショップの基本情報

オプション ・ORANGE MA(マーケティングツール)
実績 2019年12月時点で2,500店舗以上がfutureshopを利用している
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
・基本プラン:初期費用2万2,000円~/月契約2万2,000円~
・Goldプラン:初期費用5万2,000円/月契約8万1,000円
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:【本社】〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 24階
・TEL:06-6485-5330
問い合わせ方法 電話、公式サイトの問い合わせフォーム
GMOメイクショップ株式会社の画像1
機能数トップクラス!スマホECサイトの構築にも最適

GMOメイクショップ株式会社のMakeShopは、売れることに徹底的にこだわり続け、7年連続で「日本一売れてるネットショップ構築サービス」の称号を手に入れています。

業界No.1の機能数を誇り、一貫したワンストップ体制のサービスが好評です!これまでに2万2,000件以上のECサイトの構築に携わっていて、常に利用者の声を参考にしながらより良いサービスへと進化を続けています。

GMOメイクショップ株式会社の基本情報

オプション ・検索エンジン&サジェスト機能
・レコメンドASP
・Yahoo!ショッピング出店者向けツール「B-Space」
実績 国内で2万2,000店、世界15万店舗に導入され、7年連続「日本一売れるネットショップ開業サービス」としての実績を持つ
料金(最安値~)
※オプション・機能追加などで異なります
・プレミアムショッププラン:初期費用1万円/月額費用7,000円~
・MakeShopエンタープライズ:初期費用10万円~/月額費用5万円~
セミナー・イベントの有無 あり
会社概要 ・住所:【本社】〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
・TEL:03-5728-6227
問い合わせ方法 公式サイトの問い合わせフォーム

ECサイトの利用についてアンケート調査を実施しました

ここまでで、ECサイトの特徴やECシステム、おすすめのECサイト構築システムについてご紹介しました。ECサイトによる顧客獲得には、自社の体制に合った構築システムを利用することが重要です。そこで今回は、「ECサイトの利用有無」についてアンケート調査を実施しました。
アンケート結果は以下の通りになりました。

アンケートの結果、ECサイトを利用する人は95%、しない人は5%という結果になりました。
現代ではオンラインショップでの商品購入が一般的なこともあり、ECサイトは欠かせないものとなっていますね。

ECサイトを作成する際は、デザインや構成などが大変重要になってきます。コストも高すぎないほうが負担も少ないですよね。
ですが、自社だけでECサイトの作成は大変です。特に初めてECサイトを作成する企業にとっては、
方法も手探りになってしまい、他の業務時間を割く必要が出てきてしまいます。

少しでも早くクオリティの高いECサイト作成するために、今回ご紹介したECサイト構築システムを
是非活用してみて下さい。操作性やカスタマイズ性も優れたものも多いため、自身に合ったものを選べることでしょう。

【高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)】ランキング一覧表

おすすめポイント年商1億円突破企業が続出!使いやすいCMSも魅力

【高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)】とは?おすすめできる理由

高齢者向け宅配弁当フランチャイズとはと書かれた画像

在宅している高齢者の方々に向けて、毎日宅配でお弁当を届けるサービスが近年需要を伸ばしてきています。

高齢者向け宅配弁当は「配食サービス」とも呼ばれ、電話やインターネットから注文するだけで栄養バランスのとれた食事ができるため、1人暮らしの高齢者や離れて暮らす家族にとっては非常に助けとなるサービスでしょう。

そんな高齢者向け宅配弁当事業にフランチャイズとして加盟することで、地域社会に貢献することができるほか、直接利用者に喜んでもらえるというメリットが得られます。これは必要とされている人に、心から必要な食事を届けているからこそですね。

介護保険法改正の影響

介護保険制度は、3年に一度改正されており、食事の準備を含めた生活支援サービスは利用し難くなりました。また、孤独死の問題など、見守り機能として配食サービスを利用している方も増えているようです。

高齢化社会による需要増加

日本は2013年の時点で、総人口の約25%が65歳以上という「超高齢者社会」になりました。今後もこの高齢化は加速していき、2035年には総人口の約33%、3人に1人が高齢者になると予測されているそうです。

上記のような点から、高齢者向けの弁当デリバリーは今後ますます需要を高めていくでしょう。対応できる地域が増えることが何よりも望まれるサービスでもあるため、新たに事業としてフランチャイズ加盟をするには非常に適している業界ではないでしょうか。

正直儲かる?高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)がおすすめできる根拠を3つ紹介

上向き矢印とお金の画像

これからフランチャイズによるビジネスを始めたいと考える方にとって、いちばん気になるのは「安定的な収益が見込めるビジネスモデルかどうか」、もっと直接的に言ってしまえば「儲かるかどうか」という点だと思います。高齢者向け宅配弁当サービスがおすすめできる根拠・ポイントを簡潔にまとめたのでご覧ください。

社会的ニーズが高い

4人に1人が高齢者といわれている現代社会で、独居の高齢者へお弁当を届ける配食サービスの需要はどんどん高まっています。また、公的サービスも減少傾向にあるため、さらに多くの方に配食が求められるようになり、マーケットは拡大する可能性が高いでしょう。

少ない経費でも大丈夫

弁当の宅配サービスでは、店頭販売と違い駅前や路面店など一等立地に出店する必要が無く、家賃を抑えられることが魅力です。また、事前に注文を受け付けた分だけ弁当を作れば良いのでスタッフも最小限での運営が可能となります。

安定した収益が期待できる

高齢者向け宅配弁当サービスでは、商品を1度購入した顧客が満足してくれさえすればリピーターが増える可能性は非常に高いです。毎日必要となる食事を提供するため、一定数の注文が見込めるようになれば安定した収益が期待できるのは魅力的ですね。

宅配弁当・配食サービスフランチャイズ(FC)のメリット・デメリットとは?

メリット・デメリットと書かれた画像

実際に宅配弁当配食サービスのフランチャイズに加盟した場合には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?ここからは、それぞれ注意点も含めて紹介していきます。

メリット

①経験がなくても成功しやすい
独立開業を考えている人が0から経験を積んでいく場合、事業が成功する確率は低いでしょう。しかし、フランチャイズに加盟しロイヤリティを支払うことで本部から経営のノウハウを得ることができるため、今まで経験のなかった業種でも成功しやすいといえます。

②ネームバリューによる集客が可能
フランチャイズに加盟すると、既に多くの人にサービスが知られている商標や称号を使用できるようになります。知名度がない状態の店舗と比べてネームバリューの面で優位に立てるほか、信頼されているブランドの力を借りることができるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

③本部からのサポートが受けられる
加盟すると、フランチャイズの本部からさまざまなサポートが受けられるようになります。例えば開業前であれば各種研修がありますし、開業後には経営指導・スタッフ教育・業務改善のサポートが期待できます。

④安定した仕入れルートの確保
基本的にフランチャイズの本部では大量に食材の仕入れをおこなっているため、低価格での安定した提供が可能です。また、独自に築いた仕入れルートを本部が保有している会社もあるようですね。

⑤開発した新メニューの提供
顧客を飽きさせないためには、新商品や新メニューの存在が必要不可欠です。自らが経営しながら新商品を考案するのはなかなか難しいですが、フランチャイズに加盟することで本部が開発したメニューが随時提供されるのは大きなメリットです。

⑥大規模な広告宣伝に参加できる
チェーン店ならではの大規模・広範囲な広告宣伝活動に参加できるのも、フランチャイズ加盟の強みといえるでしょう。個人でおこなうには時間や予算などに限界がありますが、本部が活動方法を考え主導してくれるので効率的な販売促進が可能です。

デメリット

①経営の自由度が低い
フランチャイズ加盟店になると、チェーン店としてブランドの統一感が常に求められるため、事業内容などに制限がかかりビジネスデザインが自由にできなくなります。

例えば新しいサービスや店内の装飾アイデアを考えた場合でも、本部の方針に合っていなければ却下されてしまうでしょう。ネームバリューや安定性と引き換えに、自由度は低くなってしまうということですね。

②マイナスイメージに巻き込まれる可能性
もしも本部や他のチェーン店が不祥事またはトラブルを起こしてしまった場合、ブランドイメージが悪くなる影響をフランチャイズ全店が受ける可能性が高いです。

近年では店員がSNSに不適切な投稿をするなどのケースが増えていることもあり、リスクに対する危機意識がさらに重要になってくるでしょう。

③脱退後の制限がきつい
フランチャイズ加盟時に結んだ契約によって、脱退後に営業内容やエリアを制限される可能性があります。脱退後新たに個人開業をしようとしても、事業経験を活かすことはできないケースがあるので契約時の確認が大切です。

このように宅配弁当配食サービスのフランチャイズ加盟には、非常に多くのメリットが存在しています。逆にいくつかのデメリットもありますが、それらを把握して対策していくことで、フランチャイズでの事業成功に繋げていくことができるでしょう。

【フランチャイズ(FC)と自営業】選ぶならどちら?

分かれ道の画像

個人で起業を始める方法といえば、大きく分けて「フランチャイズ」と「自営業」が挙げられるでしょう。どちらでも店舗を構えることはできますが、それぞれに異なる特徴を持っています。

自営業の特徴

自営業とは、会社役員やサラリーマンと違い、企業に雇われず個人が自らの力で事業を経営していく働き方です。例えば個人で喫茶店・美容院を経営している人や、フリーライター・フリーコンサルタントなどは個人事業主、つまり自営業者です。

事業で得た利益が直接事業主に入ってくることが最大のメリットで、さらにさまざまな控除を受けることによって、税金や経費をある程度抑えることも可能です。また、休日や営業時間など働き方を自由に決めることができるのも魅力でしょう。

デメリットとしては、経営が軌道に乗るまでに多くの経費と時間がかかることや倒産リスクが高い、孤独や病気に対しての不安などが挙げられます。また、事前リサーチや経営のノウハウを学ぶといった過程を、全て自分一人でおこなわなくてはなりません。

フランチャイズ(FC)の特徴

フランチャイズは本部(フランチャイザー)と契約を結ぶことで、加盟店(フランチャイジー)となって経営をしていく働き方です。コンビニエンスストアや飲食店などでよく耳にする「チェーン店」と呼ばれるのも特徴ですね。

近年では清掃サービスや学習塾など多岐にわたる業者がこのフランチャイズチェーンを展開しており、1つの事業スタイルとして確立されています。

本部と契約する際には定められた加盟金を支払う必要がありますが、商標マークや経営ノウハウといった店舗を経営する際に重要な情報・システム・商品などが提供されるため、完成された事業としてスムーズな展開が可能となるでしょう。

高齢者向け宅配弁当のように人が口にするものを取り扱う場合、お店にもっとも必要なのは「信用」や「安心感」ではないでしょうか。フランチャイズ加盟店であれば、同じ名前の店舗が多く存在している事実やルートがしっかりしている食材への信頼も高いものとなるはずです。

そのため、あなたがこれから高齢者向け宅配弁当サービスを事業として立ち上げたいのであれば「フランチャイズ」をおすすめしますね。

宅配弁当・配食サービスフランチャイズ(FC)開業に発生する初期費用とは?

お金を表した画像

店舗加盟金

フランチャイズ契約では、私たちがこの「店舗加盟金」を支払うことで本部にサポートしてもらうことが可能になります。

多くのフランチャイズ本部が加盟金を設定していますが、中には加盟金0円の場合もあります。しかし、その代わりに仕入価格やロイヤリティ、その他の費用が高額になる傾向があるため注意して確認しましょう。

宅配弁当・配食サービスフランチャイズの店舗加盟金の相場は、0円~200万円前後といわれています。

保証金

ロイヤリティや商品を仕入れる経費などを保証するため、フランチャイズ契約時には本部に保証金を一時的に預けることが必要になります。

この保証金は、仮に加盟店が決められた費用を支払わなかった場合代わりに差し引かれるもので、契約中に違反などがなければフランチャイズ契約解消時に返金されるのが一般的な流れとなります。

保証金の額は業種・店舗の規模・業態によって大きく変わるため一概にはいえませんが、宅配弁当・配食サービスフランチャイズの場合は0円~50万円程度が相場とされています。

物件取得費・改装費

店舗として使用する物件を借りるために、敷金や礼金などの物件取得費が発生します。また、必要な設備の導入や内装・外装を改装する必要も出てくるでしょう。

研修費

フランチャイズ本部では、加盟者向けの研修を実施していることが多いです。基本的に1週間から1ヶ月ほどの研修を受けるためにこの研修費が必要となってくるでしょう。相場は20万円~100万円程度となっています。

採用人件費

店舗の運営には、実際に働くアルバイト店員などの労働力を雇う必要があります。費用は雇用形態や人数によって変わりますが、顧客満足度を上げるためにもある程度余裕を持った人員配置を心掛けると良いでしょう。

その他の費用

弁当を作る厨房の設備機器のほか、店員が着るエプロンやユニフォームなど備品を購入・レンタルする費用も必要になります。また、フランチャイズ本部のシステム利用料や広告費なども支払う場合があるので、契約時にしっかりチェックしておくと良いでしょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)のロイヤリティ相場は?

LOYALTYと書かれた画像

ロイヤリティは、フランチャイズというビジネス形態において大きな特徴の1つです。ここでは、高齢者向け宅配弁当フランチャイズサービスで重要な存在であるロイヤリティについて解説していきましょう。

ロイヤリティとは?異なる種類や特徴を確認

ロイヤリティは、加盟店側がフランチャイズ本部へ「商標・商号の使用/商品の販売権利/経営ノウハウ」などを提供してもらう対価として支払うお金のことです。フランチャイズ本部は加盟店に経営ノウハウを提供することで、見返りを得ているというわけですね。

そんなロイヤリティの種類は、大きく分けて以下の3パターンが存在しています。

【売上歩合方式】
売上に対しての数パーセントを本部へ支払う方式です。フランチャイズ本部によっては、売り上げに応じてパーセンテージを下げてくれることもあります。

【粗利益配分方式】
売上げの総利益に対して、ロイヤリティを算出する方法です。主にコンビニエンスストアなどが用いている方法です。

【定額方式】
売上げに関係なく、毎月一定額のロイヤリティを支払う方法です。他の方法とは違い、売上が伸びてもロイヤリティが増えることはないため店舗の売上げが直接利益へと結びつくのが特徴です。

このように同じ高齢者向け宅配弁当サービスだとしても、フランチャイズ本部によってロイヤリティの算出方法は違ってくるので、契約前にしっかりと確認するようにしましょう。

気になるロイヤリティの相場は?

高齢者向け宅配弁当フランチャイズのロイヤリティの相場ですが、売上歩合方式では約5%、定額方式では約1万円~5万円が目安となっています。

ちなみに、各種費用のほかロイヤリティ0円を打ち出しているフランチャイズもありますが、別の部分で費用が発生している可能性が高いので、総額費用や費用内訳を入念に確認しておくことが大切です。

フランチャイズ(FC)開業までの流れ

階段を上っている画像

ここでは、フランチャイズを開業するまでの流れを紹介します。一例ですが、検討する際の参考にしてみてください。

①加盟相談
フランチャイズ本部の担当者から、事業内容・加盟条件・システムなどについて説明を受けます。また、出店希望エリアについてのヒアリングや開業に適した場所の紹介などがおこなわれます。

②面談・資金相談
事業資金の概算見積りのほか、資金調達の方法についてアドバイスが受けられます。

③市場調査
オープン予定地の現状調査をおこないます。

④契約
契約内容に納得できたら契約を結びます。また、店名・エリア・開店日などを決定します。

⑤店舗施工
物件を取得した後、売上げに繋がるような内装・外装の施工をしていきます。

⑥研修
既存店舗または本部で、システムの使い方や実際の店舗運営に必要な業務の研修をおこないます。

⑦開店準備
事前営業や開店前挨拶のほか、備品・食材・容器などの発注をします。

⑧開業
自分が店長となるフランチャイズ店舗がオープンします。

フランチャイズ(FC)を成功させるコツ・注意点!

フランチャイズのコツ・注意点と書かれた画像

本部と契約を結ぶことでブランドの看板や経験・ノウハウを得ることができるため、フランチャイズは個人での独立と比較しても成功確率の高い開業方法といえるでしょう。とはいえ、だからといってビジネス成功が約束されているわけではありません。

ここでは、少しでもフランチャイズを成功させる可能性を上げるためのコツや注意点を紹介していきます。

自分の事業としてフランチャイズと向き合う

フランチャイズでの起業はフランチャイザーから様々な支援を受けることができますが、それに頼っていてばかりだと店長や責任者として成功することは難しいでしょう。どうすれば店が上手くいくのか、自分の立ち上げた事業として真剣に考えることが大事です。

安定経営ができる会社探し

開業後にいかに安定した経営のできる基盤を作れるのかも、フランチャイズを成功させるためには重要なポイントです。中にはエリア内で独占的に営業できるように配慮している会社もあるため、そういったメリットのあるパートナー探しも大切になってきます。

ニーズのあるマーケットの見極め

コンビニや飲食店、介護などはフランチャイズとして以前から人気があるほかニーズも高いため増え続けているようですが、競合が非常に多いのが難点です。店舗型の飲食店では立地が、介護サービスでは社会制度への対応が重要なポイントになるでしょう。

コミュニケーションを大事に

フランチャイズのオーナー・店長としてビジネスを成功させるためには、さまざまな場面でコミュニケーションを意識する必要があります。ノウハウや経験を教えてくれる本部に対してはもちろん、顧客やスタッフへの対応にも気を配りましょう。

 

記事一覧

「数あるECサイトの中で他と差をつけるためにお客様対応に力を入れたいけれど、人手が足りない」 チャットボットはそんな悩みも解決してくれるかもしれません。ECシステムにチャットボットを導入する ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:アイテック阪急阪神株式会社 住所[本社]:大阪市福島区海老江1丁目1番31号 TEL:06-6347-0392 受付時間:10:00~18:00 (土日祝除く) HIT-M ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社ワークスアプリケーションズ 住所:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階 TEL:03-6229-1200 受付時間:[平日] 10:00-18:00 ( ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社システムインテグレータ 住所:東京都 渋谷区恵比寿南2-1-10  インテックス恵比寿4階 TEL:03-5768-7695 株式投資システムインテグレータが提供す ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社デジタルスタジオ 住所[埼玉オフィス]:埼玉県さいたま市北区東大成1-651-13 加藤ビル2F TEL:048-661-3210 最近ECサイトを利用したビジネス ・・・[続きを読む]
Zen Cartはアメリカで開発されたオープンソースのオンラインショップ構築プログラムです。開発はZen-Cart.comで、日本語版の開発・配布は2004年にスタートしています。ここではそ ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社イーシーキューブ 住所:大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー13F EC-CUBEは、ECサイト構築やECシステムのリニューアルに使用できるオープンプラットフォー ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社Eストアー 住所:東京都港区西新橋1-10-2 住友生命西新橋ビル TEL:03-3595-2150 受付時間:10:00~18:00 (土日祝日を除く) 最近では ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:Shopify Japan 株式会社 住所:東京都渋谷区神宮前6-12-18 Iceberg 4F ECサイトを自分で構築するのは大変ですがShopifyというサービスを利 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:GMOペパボ株式会社 住所:東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー カラーミーショップはECシステムやECサイト構築に関するサービスです。国内でも多くのユーザーがこ ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:BASE株式会社 住所:東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F BASEは、無料で登録可能なECサイト構築サービスです。登録が簡単で、開業の ・・・[続きを読む]
ECシステムを利用して商品を販売する場合、重要になるのがベネフィットという考え方です。販売する商品の持っている、ほかの類似品とは異なる優れたところを、顧客にとってベネフィットにできるかどうか ・・・[続きを読む]
ECシステムを使ってECサイト構築を行うときに、売上につなげるにはバックエンドの効率化が欠かせません。売上アップはEC運営の業務を効率させて、マーケティングへ力が注げるかで決まります。ここで ・・・[続きを読む]
企業の製品のプロモーションの一つとしてキャンペーンを行うこともあります。通常のターゲットより幅広いターゲットへ届けることも可能ですが、全体図や各パーツでの作業量やコストがかかっているか把握し ・・・[続きを読む]
ネット通販が盛り上がる近年ではECサイト構築の為にECシステムを探す会社も多くなりました。その時に費用相場や利便性をチェックする事は重要ですが、導入前には必ずアフターサポートや保守点検がどの ・・・[続きを読む]
ECサイトには、モール型と自社ECサイト型の2つがあります。モール型を選ぶのでしたら必要無いですが、自社ECサイト型で行く場合にはECサイト構築の為に導入するECシステムの選抜をしなければい ・・・[続きを読む]
自社で販売している商品の売り上げ増加を目指している企業にとって、ECシステムの導入は欠かせないものです。ECサイト構築は特に、自社のオリジナル商品を販売している企業にとっては、様々な面でメリ ・・・[続きを読む]
ECサイト構築をする為に、ECシステムを選ぶ場合に重要すべきポイントは幾つかあります。実店舗によりも運営コストが大幅に小さい点はメリットと言えますが、展開したい事業の規模によっては向いている ・・・[続きを読む]
ECシステムは商品という物の販売だけでなく、各種サービスを提供するためのサービスECという形で利用する価値もあります。サービスECサイトの場合、ECサイト構築にはユーザーの好みを自動分析する ・・・[続きを読む]
起業の第一歩として人気のあるECサイトですが、その理由の大きな部分はコストの低さにあります。実店舗をオープンするためには多額の費用がかかります。ECシステムならば設備も不要だし、家賃も入りま ・・・[続きを読む]
ECシステムを構築する時にはいくつもの支払い方法を準備するのが一般的です。特に決済方法はそのECサイトの売れ行きまで左右するものですから、ECサイト構築の時に必ずどういう決済方法を導入するか ・・・[続きを読む]
従来において商売をするためには、土地を購入して店舗となる建物を建てなければならないです。しかし土地購入から建物を建設するまでには、様々な書類を作成し提出しないといけないので手続きが面倒になり ・・・[続きを読む]
ECサイトのECは「electroniccommerce」の頭文字を取った物で、日本語では電子商取引と呼ばれる物です。これらのサービスを行うインターネット上のホームページがECサイトと呼ばれ ・・・[続きを読む]
近年は、老若男女それぞれがネットでショッピングをする時代です。この傾向は、インターネットビジネスをしている人にとっては重要な流れといえるでしょう。従来はECサイト構築をする場合スマートフォン ・・・[続きを読む]
法人を相手にするBtoB企業では煩雑な受発注業務を多数抱えており、受発注ミスなども発生しやすいのが実情です。一方、業務を効率化することで負担や長時間労働なども軽減できます。そのような業務効率 ・・・[続きを読む]
買い物をする場合、ネットで購入する人も増えてきました。これは、ネット上にお手ごろな商品があふれているからです。もしこれから自分でECサイト構築を始めるか、すでにECサイト構築をしている場合E ・・・[続きを読む]
時代はネット環境の普及とともに、電子マネーやネットショッピングが当たり前の時代を迎えています。この波に乗り遅れないためにも、ECシステムやECサイトを利用した顧客確保を狙う事は知識としてしっ ・・・[続きを読む]
各家庭にパソコン1台以上が当たり前になり、ご家庭によっては各自でスマホを持ち、仕事などの都合で仕事用と私用で別にスマホを持っているなどという人が増えた昨今、それに伴いネットショッピングの需要 ・・・[続きを読む]
ECシステム・ECサイト構築では、ウェブサイトから店舗への誘導を行い商品の購入へ結びつける、マーケティング施策が有効です。それをO2Oと読んでいますが、スマートフォンが普及している時代で、S ・・・[続きを読む]
インターネットのビジネスをするとき、そこには必ず文章が伴います。例えばある商品を購入するには、その商品説明と購入するまでの過程が文章で書かれているでしょう。日本語の場合には日本人はその文章を ・・・[続きを読む]
ECシステム・ECサイト構築をするときにはしっかりした戦略を練らないといけません。そうしないと商品をうまく売ることができず、商売が難航するでしょう。効率よく商品を売るためにはいくつかコツがあ ・・・[続きを読む]
ECサイトを自社で構築する場合、選択肢はASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4種類です。各システムの違いや特徴については、当サイトのコラム「ECサイト構築の基礎知識」にて詳細 ・・・[続きを読む]
ECサイトのシステムには、ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチの4種類があります。もちろん、各システムごとにメリット・デメリットや価格相場が異なります。 運営の仕方、取り扱う商 ・・・[続きを読む]
基本的な部分になりますが、そもそもECサイトとはなにか、改めて確認しておきましょう。「ECサイト」と一口に言っても、実際にはさまざまな種類があるため、まず基礎知識を身につけておくと理解を深め ・・・[続きを読む]