サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECサイト構築で忘れてはいけない|オムニチャンネルとO2O

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/09

ECシステム・ECサイト構築では、ウェブサイトから店舗への誘導を行い商品の購入へ結びつける、マーケティング施策が有効です。それをO2Oと読んでいますが、スマートフォンが普及している時代で、SNSの活用もありインターネット上で構築していくことになります。O2Oやオムニチャンネルの違いや、どのように取り入れていくかを考えていく必要があります。

O2Oを利用するメリットと新規顧客の獲得について

O2Oはオンライントゥオフラインの略語として使われており、オンラインとオフラインを連携させながら購買活動を行うマーケティング法です。店頭で購入する際に使える割引券や、スマートフォンのGPSを利用してチェックインクーポンを配信する方法がよく見られます。

最近はスマートフォンで現在地周辺にある店舗情報を、すぐに検索することができるのでクーポンと連動することで来店数も上がります。さらにそのメリットを得た顧客はブログやSNS上で情報を拡散する傾向にあり、宣伝をしなくても宣伝効果が期待できます。O2Oは商品を選んで安く購入する方法として、ショールーミングとして広まっているのですが、現在は新規顧客を獲得する目的で使うことが多いです。

カフェなどではアプリで事前にオーダーや、決済をすれば待つことなくすぐにテイクアウトできるサービスがあります。朝の通勤時間やお昼休憩などの限られた時間で、時間の予測を付けやすいことは顧客にとっても大きなメリットになります。店側も顧客を待たせないメリットがありますし、混み合わないことで他の顧客も立ち寄りやすくなり売上が上がります。

O2Oは割引クーポンを使った施策を始め、新規顧客を獲得するために相性が良いですし、低コストですぐに効果がある施策が実施できます。少ない予算でもすこし何か施策をしたい時や、新規顧客の獲得にきっかけを与えますしアパレルや飲食店に向いている方法です。

オムニチャンネルを導入するメリット

オムニチャンネルは顧客を誘導することなく、実店舗やECサイトの区別もない状態でどの状態でも利益を出すことができます。ECシステム・ECサイト構築を行うにあたって、さらに効果のある施策ですが、顧客もどのチャンネルからでもアクセスできる利便性があります。

価格も同様ですし付加価値を感じながら買い物ができ、ECシステム・EXサイト構築が保有している顧客情報を始め在庫状況などのサービスを提供します。ポイントなどのデータをシステムにより統合することが可能で、オンラインやオフラインでも意識することなく買い物をすることができます。徹底されたユーザーフレンドリーで、またここで買いたいと思わせるようなファンやリピーター獲得が期待できるでしょう。

ファンとなる顧客がSNSなどを通して、周辺へ前向きな情報を発信すれば、顧客の囲い込みが進み売り上げや利益に安定した効果が見られます。ただ、O2Oと比較すれば販売システムなどが必要になり、即効性は落ちるため導入しにくいというデメリットも。

しかしオムニチャンネルを活用している具体的なことは、海外でも最も進んでいる事例があり、店舗在庫が全て一括で管理できるところです。目の前に在庫がないときでも、他店から指定した住所に配送するようなシステムがあり、顧客も在庫がなくてもそれを探しに行かなくてもよくなるため大きなメリットになります。

オムニチャンネルとO2Oの違いについて

オムニチャンネルはECシステム・ECサイト構築で、全ての販売経路を連携させることですが、今まではシングルチャンネルしか持っていない買ったケースがあります。そこから販売経路を増やしていく考え方も生まれていましたが、最終的にはそれぞれがつながらなかったことになります。

これに伴いオムニチャンネルというアイデアが生まれ、販売効果がさらにあり効率的に行われるようになっています。似たようなシステムでO2Oもありますがネット上からネット以外の媒体に影響を及ぼすシステムです。オムニチャンネルはECシステム・ECサイト構築で浸透している現代で、実店舗に行くことなく購入できる点がメリットになります。

しかしオンライン上ですぐに色々な店舗と、同等の商品や価格などの比較ができるので、リピーターなどの長期的な販売には繋がりにくいです。オムニチャンネルを取り入れた店舗であれば、顧客に合わせた購入スタイルを選択でき、長期的なリピーターに繋がりやすいです。

チラシやダイレクトメールで見たような商品を実店舗で購入し、受け取りは自宅に配送してもらう方法もあります。また実店舗で見たものをECサイトで買って、コンビニなどの他の場所で受け取るというシステムも存在。このように顧客が自分の購買スタイルに合わせて、色々な選択肢を与えているのがオムニチャンネルのシステムです。

 

オムニチャンネルを導入するときは、サポートサービスを利用することで、導入の手間やコストを最小限に抑えることができます。ECシステム・ECサイト構築から、他のシステムと連携することまで一貫しシステム導入をすることになります。

おすすめ関連記事




サイト内検索