サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECリプレイス時のデータ移行で注意すべきポイントとは?

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/07

自社で運営しているECサイトのシステムを乗り換えたいと考えている方で、方法が分からず悩んでいる方はいませんか?実際、システムを乗り換える場合は、既存のデータを消さないよう、適正に新しいシステムに移管しなければなりません。

そこで本記事では、自社ECサイトのシステム変更における事前準備や注意点について解説します。

ECサイトのデータ移行で必要な事前準備とは

ECサイトはインターネット上に店舗を開業し、サイト上に商品を掲載して購入してもらうシステムです。近年では市場規模がどんどん拡大しており、日用品や化粧品、食品、電化製品などさまざまな商品がECサイトで購入できるようになっています。

実際に、経済産業省の発表しているデータでは、2010年のECサイトの市場規模は7兆7,880億円だったのに対し、2019年には19兆3,609億円に市場が拡大しています。

しかし、市場が拡大している分、ビジネスチャンスを狙って多くの企業がECサイトを運営しているのは事実です。つまり、ただECサイトを開業しているだけでは成果を出すのがむずかしい時代になっているといえるでしょう。

そこで、まずは使いやすいサイト設計を行うことが重要です。顧客が見やすく、買い物しやすいサイトを構築すれば、新規とリピーターの双方を獲得することに繋がるからです。

そして、より使いやすいサイト設計を目指してECサイトのシステムを乗り換えるケースも珍しくありません。

ただし、ECサイトのシステムを変更する場合は、事前準備を入念に行い、慎重にデータを移管することが重要です。まず、現在使用しているシステムのデータの抽出方法を確認しておくようにしましょう。

システムによっては使用者がデータを抽出できない場合があり、その場合はシステムの運営者に抽出を依頼する必要があります。抽出に時間がかかることもあるため、いつまでにデータが必要なのかも考えて準備するようにしましょう。

さらに、新システムに移管するデータの量と費用のバランスも事前準備として考えておきたい要素です。

たとえば、使用しているシステムと新システムでデータの形式が異なる場合、データの変換作業が発生します。自社で変換作業ができない場合は、業者に委託する必要があります。しかし、データの量によっては費用が高額になります。そこで、移管すべきデータの優先度と費用のバランスを考えておく必要があるのです。

データを移行するときの注意ポイント

ECサイトのデータを移管する場合、注意しておくべきポイントがあります。また、移管データは会員データ・商品データ・受注データの主に3つに分類できます。

まず、会員データの移管で注意しておきたいのが、長期間ECサイトを利用していない顧客のデータを移管するかどうかです。

移管するデータ量に関わるポイントであり、2年以上購入履歴がない場合は移管の必要性を考えるようにしましょう。また、パスワードやクレジットカードのデータ移管は、リスクを伴うため、行わないことがほとんどです。

次に、商品データを移管する際は、新システムで商品情報を登録するデータの項目がそろっているかに注意する必要があります。さらに、商品の画像を移管する場合、画像のファイル名や画像サイズが合わなくなることがあります。その場合、新システムのルールに従い、データを修正しなければなりません。

最後に受注データを移管する際は、移管する際にかかる手間と費用のバランスを考えることが大切です。一般的に受注データの移管は高額になるため、移管しないという選択をする企業が多い傾向にあります。ただし、一時的に受注期間を停止するなど対策をとる必要があるため、適切に対処するようにしましょう。

シミュレーションを行い移行にかかる時間を把握しよう

ECサイトのシステムを変えることで、売り上げの拡大を見込めることがあるでしょう。しかし、システムを変更する際にはデータの移管がハードルとなります。

通常、データの移管には時間がかかるため、一定期間ECサイトの運営を停止しなければなりません。しかし、現行のシステムを使用している段階で移管できるデータもあります。

したがって、事前に適切な準備を行い、ECサイトの休止期間中にデータをスムーズに移管できるよう準備しておくことが大切です。

また、新システムへのデータ移管がいつ完了するのかをきちんと計画しておくことも重要です。顧客に対して新ECサイトの開業がいつなのかを告知しておくことで、開業してからスムーズ顧客を呼びこむことができるからです。

 

ECサイトで順調に売り上げを伸ばすための方法の一つに、見やすいサイトを作ることが挙げられます。そして、見やすいECサイトを目指し、新しいシステムを導入する企業も珍しくありません。

しかし、システムを変更する場合は、データの移管方法を確認しておくことが大切です。また、データには重要情報も含まれているため、注意点を確認しスムーズに移管できるよう対策しておくこと必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧