サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

Shopifyの口コミや評判

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/25

【詳細】
会社名:Shopify Japan 株式会社
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-18 Iceberg 4F

ECサイトを自分で構築するのは大変ですがShopifyというサービスを利用してECサイト構築を行ってみましょう。本サービスはECシステムを構築するときに使えるものです。ここではShopifyの口コミ評判について詳しく紹介していきます。

Shopifyだけで完結するシステムなので好評を博している

Shopifyはカナダの企業が行っているオンラインサービスで、サイトを構築できるECシステムを提供してくれるのが魅力です。日本でも展開されているサービスで多くの方が使用しています。どうしてShopifyは多くの方に人気を博しているのか気になる人も多いでしょう。

本サービスは個人から大企業まで利用できるサービスです。Shopifyがあれば1つのプラットフォームを利用して、どこからでも商品の販売ができるので非常に便利で使い勝手が優れています。例えば日本の商品を海外の顧客に販売する越境ECを作りたいときにも利用可能です。

本サービスに導入されているカスタムオンラインショップは70種類以上のテーマが設けられていて、自由に利用者がテーマを選択できます。

実際にECサイト構築をするときにはドラッグアンドドロップを利用して、ストアの作成をする事ができるので初心者にも使いやすいです。特殊なプログラミングスキルやデザインスキルなどは一切必要がないサービスなので多くの顧客に人気を博しています。

ドメインに関してはすでに所有しているものと連携が可能です。またShopifyでドメインを購入することもできます。 支払いに関してもShopifyペイメントを使用してクレジットカード支払いの導入を実現しているので便利です。面倒な作業が必要ないので多くの方が本サービスを利用しています。

ドロップシッピングがあるので手間がかからない

ECシステムを構築してネットショップを運営するときにつきまとうのは商品在庫の管理や配送などです。取り扱う商品が多ければ多いほど作業時間が増すため非常に面倒でしょう。煩わしい作業をしたくないときはドロップシッピングシステムがあるShopifyがおすすめです。

ドロップシッピングというのは商品の在庫や配送から梱包などの手間をかけずに、商品販売をすることができるシステムです。在庫管理や梱包などをする専用スタッフを雇う必要がないので、大企業から個人まで好評を得ているサービスです。

どのような仕組みなのかというと、顧客がオンラインストアで商品を購入します。すると注文情報が自動的にドロップシッピングサプライヤーに送信されるシステムです。ドロップシッピングサプライヤーが利用者に代わり商品発送の準備を行います。

そのままドロップシッピングサプライヤーが商品の発送を行ってくれるのがメリットです。これによりShopify利用者に負担がかからないので本サービスは口コミ人気も非常に高いでしょう。余計な作業をしなければ、余った時間をマーケティングに有効利用できます。

マーケティングの最適化をして集客をするための時間に使えばより多くの収益を出せる可能性が高いです。ちなみにドロップシッピングは日本国内だけでなく海外への発送にも対応しています。 越境ECをしたいときにも問題なく配送処理をしてくれるので、安心感が利用者から人気です。

多くの販売チャネルを利用できるのが魅力

オンラインショップを構築するときに1店舗だけでなく複数のチャネルを運営して商売を行った方が、商品が売れやすいでしょう。Shopifyでは多くの販売チャネルを拡張する事ができるのがメリットです。インターネット上にある他の販売チャネルを利用すれば、顧客とのつながりをたくさん確保することができます。

例えばSNSを利用してフォロワーを顧客に変化させることが可能です。他のSNSサイトと商品をタグ付けすることができるのでSNSサイトからのユーザー流動を狙えます。さらにオンラインモバイルアプリを使用して商品を顧客に売ることもできるので非常に便利です。また管理画面を利用すれば多くのプラットフォームの商品を管理できるので手間もかかりません。管理画面を使えば注文や顧客の管理などをまとめて行えます。

利用できる販売チャネルですが現在インターネット上で人気のあるサービスが対象です。日本だけでなく海外のマーケットなどにも対応するので越境ECをしたいときに使えるでしょう。有名サイトなどが非常に多く効率よく商品を売却したい企業や個人の方に人気を博しています。

SNSサイトを駆使すれば顧客集客だけでなくオーディエンスの拡張も狙えるので一石二鳥です。本サービスでは無料で14日間の利用をすることができるので、とりあえずどんな集客効果があるのかチェックしたいときに試せます。

 

越境ECを作りたいときはECシステムを構築できるShopifyを使ってみましょう。本サービスはShopifyだけで完結してECサイト構築ができるので手間がかかりません。またドロップシッピングや、他の販売チャネルを連携できるなど魅力的なシステムが多く利用者に人気があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧