サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECサイト構築|セキュリティ対策や安全性を事前に確認しよう

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/09

従来において商売をするためには、土地を購入して店舗となる建物を建てなければならないです。しかし土地購入から建物を建設するまでには、様々な書類を作成し提出しないといけないので手続きが面倒になります。そこで手軽に商売をしたいと考えた時に、新しい事業に参入する若い世代で利用数が増加しているのがECシステムという仕組みです。

仮想空間で商売をするのがECシステム

新しい事業に参入する若い世代で利用数が増加しているのがECシステムで、インターネット内にECサイト構築を行うことで商売ができます。

ECサイト構築をする流れとしては、インターネット内で商売をするためにはネット内での住所を意味する独自ドメインが必要になるので有料ホームページサーバーと契約します。有料ホームページサーバーと契約が完了したら、今度は自身がどんな商品を販売するのか予め確認しておきましょう。

商売を成功させる上で視覚情報は最も重要な要素なので、商品の特性に合わせたホームページをパソコン内に構築します。パソコン内で意図したイメージのサイト構築が完成したら、次に行うのがECシステムの導入です。インターネット内で商売をする場合実店舗と違ってレジで決済を行うのではなく、仮想空間内に作った仮想レジで行う形になります。

ECサイトに仮想レジを構築するためには、別の有料ホームページからECサイト専用のレジをダウンロードしてホームページに張り付ける方法があります。もうひとつは有料ホームページサーバーには商売をすることを念頭に置いている所もあり、そこにサービスとして仮想レジのタグを挿入できるようになっているので活用するとよいです。

仮想レジの導入が出来たら、今度は支払方法を決定します。支払方法にはコンビニからの先払い方式と、クレジットカードといった電子マネーを使った電子決済方式があるので商品の性質に合わせて決定します。最後に仮想空間で商売をすることを税務署に届け出て認可されればECサイト構築が完了し、次の日からインターネット内で商売をすることができるのです。

ネット空間で商売をするのであれば注意したい事

商売を始めたい若い世代でECサイト構築を行い仮想空間で商売をするのは、先に言ったとおりに実店舗と違って複雑な手続きが簡略化できることです。なによりインターネット内は全世界にネットワークが広がっているので、グローバルに商品展開が出来るので成功できるチャンスが広がります。

これらの点から商売成功の可能性が高いので、利用者数が増加しているECサイト構築ですが実行する場合注意しなければならない点があるのです。それは仮想空間内で商売を行うからこその悪意を持つ第3者の介入被害です。

ECサイトは金銭や契約した人の個人情報を扱うので、悪意のある第3者にとっては是が非でも入手して利用したいと考えます。例えば悪意のある専用ソフトを使ってウイルス感染させたり、システムの隙間を狙ったハッキングなどです。これらの被害に見舞われると、売上金が奪われるだけでなく顧客の個人情報が奪われればクレジットカードが悪用されたり相手側にウイルスの入ったソフトを送り付けられるなどの被害が出てしまいます。

問題を一度でも起こしてしまうと、商売は店舗と顧客の信頼が大事なので一気に信用を失うことになり継続的な運営が出来なくなるのです。そのためグローバルに商売ができるメリットが出来る反面、これからECサイト構築で商売をするのであればネット内に店舗を開設した瞬間から悪意ある第3者との戦いが始まることを念頭に置く必要があります。

セキュリティ対策や安全性を事前に確認が大事

ネット内に店舗を開設した瞬間から悪意ある第3者との戦いが始まることを念頭に置き、事業主は顧客を守るためにセキュリティ対策などの安全性を高めておく必要があります。有料ホームページサーバーを利用する際に、そのサービスとしてSSLとASPそして専用のファイヤーウォールが実装されているサイトを利用することが重要です。

有料サーバーの中には、低価格で運営しやすいものもあります。これらはあくまで個人の楽しみでサイト構築することが目的で、本格的な商売をするのには不向きです。もちろん自身でセキュリティを構築するという方法もありますが、それには専門知識が必要になるため取得するのに時間がかかるのと不備が出るリスクもあります。

その点、有料サーバーの中でも商売を念頭に置いたサイトであれば、確かに様々な特典が付く半面導入コストがかかってしまう問題はあります。しかし導入コストよりも、何度も言うように大事なのは顧客が安心して使える環境です。この商売をすることを念頭に置いた有料サーバーであれば、SSLとASPそして専用のファイヤーウォールが実装されているパッケージがダウンロードできるので安心して使えます。

さらに仮想レジにおいても、自身で管理するのではなく利用料金の支払いはクレジットカード決済代行サービスを利用するのも安全性を高められます。そして外部だけでなく、自身と周りの関係者の不手際による損失を起こさないために、セキュリティ運用ルールの整備を含めたセキュリティ意識を高める教育も実施することが重要です。

 

インターネット内は全世界にネットワークが広がっているので、グローバルに商品展開が出来るので成功できるチャンスが広がります。しかし商売の可能性が広がる反面として、商売を開始した段階から悪意ある第3者との戦いも念頭に置く必要があるのです。もし悪意ある第3者の介入を許せば信頼性は失墜するので、始める前にセキュリティ対策を万全にしておく必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧