サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

商品の販売だけじゃない!サービスECの活用事例をご紹介

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/10

ECシステムは商品という物の販売だけでなく、各種サービスを提供するためのサービスECという形で利用する価値もあります。サービスECサイトの場合、ECサイト構築にはユーザーの好みを自動分析するcookieシステムの導入が良いでしょう。ユーザーが望むサービスをサイト内で提示することで良いサービスを提供するサイトという認識を持ってもらえます。

サービスECとはどういったもの?

インターネットを普段から活用されている方であれば、一度は「ECサイト」という名前を見聞きしたことがあるでしょう。ECとはElectronicCommerceの略で、日本語では電子商取引という意味があります。ネット通販のことであり、インターネットを通じて企業と消費者が商品売買をするもの全般に当てはまる言葉です。

ネット通販サイトであれば電子商店街という呼び名があり、通信教育であればバーチャルスクールなどとも呼ばれます。サービスECとは、商品を売買するのではなく、人的サポートを提供するもののことを指し、クラウドソーシングや宅配サービス・代行業の依頼等のことです。

これらのサービスは豊富な人材と信頼で成り立つものなので、商品を販売するECサイトよりも工夫を凝らしたサイト作りが必要となるのが特徴です。例えばクラウドソーイング・サービスを開始しようとされる際、ECサイトを構築して、仕事をこなす人・仕事を依頼する人を集める必要があります。

両社にとって魅力的な言葉をECサイトのトップに記載することになりますが、いかにして注目を集められるのかをリサーチすることが大切です。そのため、ECサイト構築の初歩は、既存の同業サービスECサイトのリサーチから始めることとなります。特に大手のECシステムをしっかりと分析して、良いところを取り入れる工夫が必要です。

サービスECサイト構築で導入したいシステム

物を販売するECサイトの場合、今人気の商品を揃えて動画サイトやブログで広告を掲載すれば自然と消費者がサイトを訪れます。しかしサービスECサイトの場合、消費者ごとに求めるニーズが異なりピンポイントで広告発信をするのが難しいものです。

サービスによってECサイト構築方法が異なりますが、例えばクラウドソーシングであればアフィリエイトやブログの運営をおこなっている人、ホームページを持つ企業等に良いサービスを提供しているという事を知らせる必要があります。

この対象となる方達にサービスをアプローチする方法が「cookie履歴の分析」です。大手ポータルサイトのgoogleでは、利用ユーザーのcookie履歴分析して商用利用されています。分析結果を基にしてユーザーが興味を持っている事柄に応じた広告を検索エンジン内に表示をするので、サービスECサイトを運営する方にとって利便性に長けたサービスといえるものです。

「ホームページ・代行」「記事執筆」というキーワードで検索をおこなった方々の結果の上位に、自社ECサイトが表示されるようにすると集客効果を発揮するので、サービスECを立ち上げた初期段階では積極的に大手ポータルサイトの商用サービスを利用するようにしましょう。

なおECサイト構築の際もcookie履歴の分析システムを導入しておけば閲覧者の趣向を調査することも可能です。

サービスECの活用例とサイト内の工夫

サービスECは文字通り、人的サービスを提供するための電子商取引のことを指します。昨今では買い物難民と呼ばれる方々に向けた食材宅配サービス・家事代行業・不用品回収など広域を対象としたサービス業で積極的にECシステムを取り入れているのが特徴です。

食材宅配サービスであれば、利用者情報であるcookieをECサイト内で蓄積しておき、どんな食材・料理を好んでいるのかを逐一分析するといいでしょう。そのデータ結果から次回利用した際に、トップページでおすすめの食品を表示するようにすれば自然とサービスをリピートするように促せます。

家事代行業であれば、普遍的な家事の悩みをECサイト内で掲載して消費者の心理的同調を狙うのがコツです。初めてサービスを利用する方が不安に感じる料金は、自動見積もりシステムを取り入れて消費者自身で検索できるようにしましょう。

不用品回収サービスであれば、サービス対応地域と回収可能商品の一覧と、ECシステムの代表格であるweb問い合わせフォームをECサイト構築でおこなうと、サイトを訪問した方が気軽にアプローチできる環境を用意できます。

これら以外にも数多くのサービスECを構築することが可能で工夫することも無限大にあります。しかし、もっとも基本となることはいかにして消費者の動向チェックをおこなって、興味を抱かせるのかということです。cookieデータ・web問い合わせなどECシステムを駆使すれば、おのずと利用ユーザーが集ります。

 

以上、サービスECの詳細情報と活用例でした。インターネットを使ったサービスは、今後ますます需要が伸びていきます。競合相手も必然的に多くなりますが、サービスに見合ったECサイトを用意することで顧客獲得につながります。その鍵を握るのがECシステムという訳です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧
おすすめECサイト構築サービスの口コミや評判