サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECサイト構築|スマートフォン対策に力を入れるべき理由

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/09

近年は、老若男女それぞれがネットでショッピングをする時代です。この傾向は、インターネットビジネスをしている人にとっては重要な流れといえるでしょう。従来はECサイト構築をする場合スマートフォンのことはあまり意識していなかった人が多いですが、最近はECサイト構築をするにあたりスマートフォンを意識することが必要となっています。

スマートフォン未対応のECサイト構築の問題点

ECサイト構築をする場合、ECシステムを利用する人が増えてきています。ECシステムを利用することにより、運営者がその場にいなくても自動的に売買が成立する仕組みが出来上がるといえるでしょう。これにより運営者がいなくても勝手に売り上げが伸びることになり、半分は不労所得になるとも言えます。

しかしながら、本格的に顧客を誘導するためにはスマートフォンの対応を十分に考えなければいけません。ECシステムを導入する場合でも、スマートフォン未対応の状態でページを表示しているとスマートフォンからページを閲覧する場合非常に見づらいです。インターネット上に自分のページしかない場合は別ですが、そうでない場合はほかのページにお客さんが流れて行ってしまう可能性は否定できません。

これを避けるためにはスマートフォン対策をおこなわなければならないでしょう。つまりスマートフォン未対応から対応に切り替える必要があります。現実的な数字を見るとわかりますが、ECサイトの閲覧者の半分かそれ以上はスマートフォンを利用しています。

もしパソコンのみ対応しているページの場合には、顧客の半分かそれ以上の人を逃してしまっている可能性が高いといえるわけです。いくらページを作り込もうと、安く商品を販売しようと対策がいい加減だとほぼ売り上げに反映されないことになり、ほかのサイトにお客さんをとられてしまいます。

対応しているかどうかを確認することが大事

パソコンからだけの客に対応していると、様々なデメリットが生じます。売り上げが伸びないことや閲覧者数が減ることは言うまでもありませんが、実は検索順位が下がってしまうことになりかねません。

検索順位は、一人の人がどれだけページを閲覧したかによって変わってきます。長時間閲覧することはそれほど検索順位に影響を与えませんが、一人の人が同一サイトの中のページをたくさん見ると自然に検索順位が上がっていく仕組みです。これは、たくさんのページを見るということは、それだけそのページが役に立っているあるいは面白いと検索エンジンの方で判断しているからです。

もし閲覧した場合内容が非常に見づらく文字も読みにくいとすれば、別のページを見ようとは思わないでしょう。内容が読みにくいと感じて閉じてしまう人は、すぐにほかのサイトに移動してしまう可能性が高いです。

スマートフォン対応にするのは、とても簡単です。特にこれに関しては悩む必要はないでしょう。サイトによっても若干異なりますがスマホ対応のところにチェックを入れれば対応してくれるはずです。

では実際に対応されているかどうかを確認するためにはどうしたらいいでしょうか。その場合には、自分の機種から確認をすれば問題ないです。もし自分のスマートフォンから見ることができない場合には、ほかの人から借りて一度閲覧をしてみましょう。そうすると、閲覧しやすくなっているかどうか判断することが可能になります。

それ以外の部分も整備しておいた方がよい

スマートフォンに対応しているECサイトを構築する場合でも、それだけで売り上げが伸びる訳ではありません。スマートフォンに対応させることは、たとえるならばお客さんがお店に入ってくる手助けをしているようなものですが、もし商品自体に価値がないと判断した場合は、いくら閲覧してもすぐに別のサイトに行ってしまう可能性があります。

そこで連動して商品の価値を上げておく必要があるでしょう。ほかでは扱っていない商品か、あるいはほかで扱っている商品ならば少しでも安く値段設定をすることが必要になります。まずはお客さんにサイトの名前を覚えてもらい、定期的に利用してもらうことが重要です。

よくある売り上げの伸ばし方としては、キャンペーンを行い割引して商品を販売していきます。期間限定で行うため、ずっと割引をした状態ではありませんが、一時的に割引をすることでお客さんはそのお店のことを覚えてくれるでしょう。

そして割引期間が終わった場合でも、定期的にメールマガジンを送信するとお客さんはそのお店のことを忘れないようになります。何か商品を購入したいときは、記憶にあるお店を探ることになるはずです。

それ以外にも、ECシステムの中には購入する時のフォームが存在していることがあります。このフォーム自体がわかりやすければ、お客さんも問題なく商品を購入してくれるはずです。このように、スマートフォンに対応する以外にも様々な部分で仕組みを整備しておくことが大事になります。

 

ECサイトの構築をする場合にはECシステムを導入することが重要になるでしょう。この時気にしておきたいのは、スマートフォンにそのページが対応しているかどうかです。対応していれば、顧客を無駄に逃すことがなくなるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧