サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

今注目されているヘッドレスコマースとは

公開日:2020/09/04  

近年、あらゆる方法でショッピングを楽しめるようになりました。中でもインターネットの普及やスマートフォンの誕生により、ネットショッピングが当たり前となり、ECサイトの活躍の場が広がっています。支払い方法も多種多様で、口コミや評価なども見ることができるのも魅力の一つになっています。今回は、ヘッドレスコマースについて紹介していきます。

そもそもヘッドレスコマースとは?

ヘッドレスコマースは、新しいECサイトの誕生とも呼ばれ、フロントエンドとバックエンドがそれぞれ独立したシステムのことです。ヘッドレスコマースのヘッドレスとは「Headless」であり、頭がないという意味からきています。

たとえばネットショッピングサイトで考えると、フロントエンドとバックエンドとは、SNSやモバイルアプリなどを使って商品を検索し、ボタンをクリックするような部分、いわゆる直接ユーザーの目に触れる部分のことをフロントエンド、在庫管理や顧客管理、決済機能などのユーザーの目に見えない部分のことをバックエンドと呼び、ヘッドレスコマースとは、これら2つのシステムが切り離され、個々を独立させてECサイト構築を実現する方法のことを示しているのです。

そのため、ヘッドレスコマースの本質としては「マルチヘッド・コマース」とも言えるでしょう。なぜならば、フロントエンドとバックエンドを別々に開発することが可能となり、フロントエンドのさまざまな顧客体験に合わせてバックエンドを築くことができるためです。現状は、ヘッドレスコマースを採用している企業は少ないものの、今後はヘッドレスコマースの時代ともいわれるほど注目されており、幅広いニーズに応えられるシステムと考えられています。

従来のEコマースとヘッドレスの違い

次に従来のEコマースとヘッドレスの違いについて紹介していきます。まずEコマースについては、同義語としてECサイトやECとも呼ばれている電子商取引のことです。つまりネットショップやオンラインストアのことで、現在では洋服やアクセサリー、食品などの購入やイベント、コンサートのチケット予約、保険の申込などあらゆるサービスがオンライン上でやりとりされています。

今では当たり前のサービスとなり、買い手にとっては実店舗に足を運ぶ必要がなく、いつでもどこでも好きなタイミングでサービスを利用できる点がメリットでしょう。インターネットの普及により市場拡大が今後も期待されるEコマースですが、現状の多くは先ほども説明したフロントエンドとバックエンドが一緒になっており、フロントエンドを変更すると同時にバックエンドも変更せざるを得なくなります。

そのため、カスタマイズが簡単にできず、リニューアルに時間がかかってしまうことが現状です。たとえるならば、従来のEコマースの多くはフロントエンドとバックエンドが同居しており、ヘッドレスコマースはフロントエンドとバックエンドが別居している状態ということです。すなわち、従来のEコマースは、時代の変化に伴う新規顧客獲得のための新しいサービスへの対応を行うたびに、ECシステムを変更することになるため、費用や必要となる処理システム、機器が必要となります。

その点、ヘッドレスコマースは、フロントエンドとバックエンドそれぞれのカスタマイズが可能となり、従来のEコマースに比べ素早い対応が期待でき、時代やトレンドに合ったサービスを提供できることで、さまざまな顧客へアプローチすることができるようになります。

たとえば、何十年か前まではVR体験というシステムはなく、想像もされていなかったかもしれません。しかし今後も私たちが想像していなかったシステムやサービスが世の中に出てくることはあると考えるのが自然です。そのため従来のEコマースだけではなく、顧客にとっていろいろな新しい体験ができるシステムに柔軟に対応し、顧客獲得に繋げていくことが可能になるのがヘッドレスコマースであり、従来のEコマースとの最大の違いと言えます。

いろいろな会社が存在する中で、時代やトレンドにいち早く対応し、他社との差別化を図ることが期待できるのがヘッドレスコマースなのでしょう。もちろん従来のEコマースでも現状は十分とも考えられますが、未来の世界に柔軟に対応していくことが期待できるのはヘッドレスコマースだと思います。

ヘッドレスコマースのメリット・デメリット

これまでヘッドレスコマースの概要について紹介してきましたが、ここではヘッドレスコマースのメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

■運営側のメリット3つ

まずはヘッドレスコマースを利用する会社側の長所を紹介します。1つ目としては、開発スピードが早くなることです。フロントエンドを変更する場合、ヘッドレスコマースであればバックエンドのことを考えずに変更することができます。もちろん逆の場合も同じことが言えます。

その結果、フロントエンドの開発者はフロントエンドに集中でき、バックエンドの開発者はバックエンドのみに集中できるため、それぞれの力を存分に発揮でき、互いの進捗状況なども関係なく進められることで効率よく、スピーディーに開発していくことができます。

2つ目は、言語に関係なく構築できることです。各国の言語で書かれたシステム、いわゆるシステム構築者の言語でプログラミングしても、すべてのシステムを統合することができます。その結果、バックエンドの独自テンプレートを暗記する必要がなくなり、自由度が広がります。

3つ目は、カスタマイズの幅が広がることです。フロントエンドで考えた場合、デザインやサイト構築の幅が広がることになります。その結果、各会社の差別化が可能となり、ブランドの世界観や顧客の興味、関心を得るさまざまなデバイスに対応した魅力的なコンテンツを表現することができます。

■顧客側のメリット2つ

次に顧客側のメリットについてですが、1つ目はサイトにアクセスしやすくなることです。フロントエンドとバックエンドが切り離されることで、サイトを開く時間が短縮され、サイトへのアクセスが容易になります。特にセールやキャンペーン時にはサイトアクセスが集中することも考えられるため、サイトにアクセスしやすいことは購買意欲の向上にも繋がることでしょう。

2つ目は、求めている情報を得る時間が短縮されることです。たとえばよくある質問のページで考えたとき、質問が一覧に並んでいるのではなく、項目ごとにまとめられていてアクセスする方が自分の疑問に対する答えを見つけやすくなります。すなわち、ヘッドレスコマースによりターゲットごとのコンテンツ提供や1ページから得られるコンテンツの情報量を増やすことが容易にでき、顧客は効率良く、情報を得ることができるようになるのです。

■デメリット2つ

次にヘッドレスコマースのデメリットを紹介します。1つ目は、新しいシステムのためノウハウが少ないことです。既存のEコマースと比較するとヘッドレスコマースの導入の方が専門的な知識が必要となり、ノウハウも浸透していないために開発工数が増える可能性があります。

2つ目は、既存システムでヘッドレスコマースに非対応な点を再構築する必要があることです。ヘッドレスコマースを取り入れることで、既存の使い慣れていたシステムが利用できなくなる可能性があり、使えなくなったシステムを再構築していく必要があります。ヘッドレスコマースにはデメリットもありますが、変化し続ける社会に今後も柔軟に対応していくことができることは最大の魅力だと考えられます。

ヘッドレスコマース概念を取り入れるためには?

ヘッドレスコマースの導入には最初はそれなりの時間やリソースが必要となることは確かでしょう。しかし、そもそもコマースシステムの中心になるのは、商品情報です。商品があるからこそ、ショッピングが生まれ、コマースシステムが活きてきます。そこでの顧客獲得にはまず、どんな商品がどんな顧客に売れているのかを見極め、いかに顧客の心を打つ商品を開発するのかが鍵となります。

そのようなさまざまな商品が誕生した後、その時代に合った効果的なコマースシステムに陳列することで、顧客獲得に繋がります。もちろん広告も大切なコンテンツの一つだといえますが、今後はヘッドレスコマースを取り入れるか否かではなく、各会社のビジネスを存続させていくためにはヘッドレスコマースは必要不可欠となることでしょう。

まとめ

今回はヘッドレスコマースについて紹介してきました。ヘッドレスコマースは、いろいろなデバイスに柔軟に対応できる、未来性のあるコマースシステムであると言えます。今後はコマースシステムの中で顧客に対してどのような体験を与えることができるのかが重要となってくると考えられます。

いかに他社との差別化を図り、時代に合ったコマースシステムを構築していくかが各会社のビジネスの鍵となることでしょう。おすすめのECサイト構築・ECシステム会社も紹介しているのでぜひチェックしてみて下さい。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧