サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

越境ECシステム・ECサイト構築をする上での注意点

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/06/24


現在、インターネットを通してのビジネスは、国内を超えて海外にも需要が高まりつつあり、越境状態にあるといってもよいです。しかしながら、国内のECシステムでは海外を主軸としてマーケットを展開できないというトラブルも起きています。ここでは、そうしたECシステムを導入する上で海外展開を見通した場合における注意点について解説をします。

商品やサービスの展開はその国に合わせる必要がある

国境を越えて日本国内のサービスや商品を発送する場合、ECシステムは諸外国のインフラシステムに合わせる必要性があり、言語、決済方法、発送手段などは商品やサービスを展開する諸外国に合わせる必要があります。そのため、ECはより商品やサービスを展開するエリアにおいて多数の決済法の他、輸送手段などを確立していなければサービスや商品の発送すらできないのです。

これは、ビジネスを海外で展開させる場合、海外のインフラ事情を把握してECシステム・ECサイト構築をしなければ意味を成さないということを指します。これらのインフラや国外事情を把握せず、商品展開をした場合、サービスや商品を国外エリアに充分波及させられず、経営としては失敗をしてしまう要因を作りかねません。そのため、重視するのはまず、越境を考えてECシステム・ECサイト構築の構築が必要となるでしょう。

もちろん、ECシステム・ECサイト構築は第三者に委託し、その決済システムやインフラシステムを利用して、ビジネス展開をすることも可能です。そのため、ECシステム・ECサイト構築を主としている業者に委託するという手法も選択肢としてはあります。その場合、利点においては自社のサービスや商品をいち早く、海外展開できるという強みが生まれるため、あえて自社でシステムを開発するのではなく、第三者に委託することも手法として用いることが可能です。

セキュリティリスクにおける問題点

海外であれ国内であれ、セキュリティリスクにおける問題は存在します。これはネットビジネスを展開する上では避けて通ることができず、越境してビジネスをする場合、自社のセキュリティはもちろんビジネスを展開する相手側のセキュリティも対策を講じる必要があるのです。

どちらか1つでもセキュリティ意識に欠けた場合、情報が漏れだし顧客情報や商品情報サービスなど多くの情報が漏えいしてしまう可能性も高くなるでしょう。そのため、越境してECシステム・ECサイト構築をする場合はセキュリティの概念が両者ともに無ければならないのです。

こうした場合、セキュリティシステムをECサイトに組み込み対処を図りますが、自社でセキュリティシステムを構築する場合においては経費がかかります。そこで、ECシステム・ECサイト構築を委託して、セキュリティシステムも構築してもらうという手法を取れば、両者ともにECサイトの経営において個人情報や商品情報の他に、提供しているサービスの情報が流出するリスクを防ぐことができるでしょう。

あくまで、リスクを防ぐということですが何も対策をしないよりも、個人情報や商品情報にサービス情報が漏れだすリスクが減少します。そのため、委託であろうと自社でECシステム・ECサイト構築を行っていようと、セキュリティの概念はとても重要です。情報が漏れだしてライバル企業に事業内容が知れ渡るなどがあった場合、損害は計り知れません。そのため、いかにして情報流出を防ぐかがECシステム・ECサイト構築には重要なのです。

拡張性があるサイト構築が可能か

ネット通販などのECサイトにおいては、拡張性がとても重要視されるでしょう。ここでいう拡張性とは、支払い方法の他、輸送時における輸送会社を自由に選べるなど商品購入やサービス提供における顧客側の自由度を意味します。顧客は自由度が高ければ高いほど、ネット通販においては利用できるサービスをフルに活用して、居住エリアに商品を届けるべくさまざまな機能を用います。

この機能が多ければ多いほど、利用者側はより商品やサービスを選ぶ際に自由な選択肢が生まれ、企業側は利用の促進につながるのです。逆に自由度が一切ない場合、顧客はよほどその商品やサービスが必要ではない限り、商品やサービスの購入を検討しないでしょう。

これを、ECシステム・ECサイト構築における拡張性があるかどうかと呼び、ネット通販サイトの機能を拡張できるようシステムを設計しているかどうかが重要になります。これは、海外においては、ECシステム・ECサイト構築をする際、どの程度のサービスを利用者が求めるかを知ることにもつながるのです。

そのため、後から機能を追加できるようシステムを作り上げることができれば、柔軟なネット通販システムを作り上げることができるでしょう。これを無視して、越境してネット通販サイトを展開した場合、海外では必要なサービスを他社が行っていた場合、顧客が流れることになります。

 

ECシステム・ECサイト構築においては、商品やサービスをその国のインフラに合わせた上でセキュリティにもこだわらなければなりません。そして、ECサイト自身に拡張性を持たせないと、他社がさまざまな機能を駆使して商売を展開した場合、太刀打ちできない状況下になるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧