サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECシステムの多言語ECで海外市場の拡大を狙う

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/21

インターネットのビジネスをするとき、そこには必ず文章が伴います。例えばある商品を購入するには、その商品説明と購入するまでの過程が文章で書かれているでしょう。日本語の場合には日本人はその文章を読んで購入するかどうかを決定します。

ですが世界にはおよそ80億人の人がおり、日本語に対応している人はおよそ1億人だけです。そこで日本語以外の言語でビジネスをすることができないかという問題になります。

多言語ECで海外市場を狙うには

インターネットで商品を販売する場合には、ECシステム・ECサイト構築が重要になります。ECシステム・ECサイト構築をするときには通常日本語を使いますが、日本人以外の人が購入しようとしている可能性も少なくありません。そもそもインターネット自体は、世界中につながっているため、冷静に考えれば日本語以外で商品を紹介してもよいわけです。

その時に役に立つのが、ECシステム・ECサイト構築をするときに多言語ECを利用することです。これを利用することにより、今まで日本語がわからなかった人でも、気軽に商品を購入することができます。この時問題になるのは、そもそも多言語ECを実現することができるかになります。これが実現すれば海外市場も視野に入れることができ、販路が拡大することになるでしょう。

基本的に現在の技術を持ってすれば、多言語ECにすることは決して問題ではありません。ただ無料で行うことはできず、言語ごとにお金を払うシステムになるでしょう。そこでまずどの国の言葉を使うか問題になりますが、まず英語は世界の共通語になりつつあるので確実に抑えておきたいところです。

英語に関しては、アメリカやイギリスだけでなくオーストラリアやフィリピンなどの国でも利用しているのが特徴です。またインドなどでも利用しており、インド人の人口を考えればかなりの規模になることが予想できます。もう一つは中国語を使う人口がおよそ14億人いることから、ぜひ中国語でも導入しておきたいところです。

多言語ECを利用するときに気をつけたいこと

多言語ECの導入は、お金をかければ行うことはできますが、それだけで販路が拡大するとは限りません。なぜかといえば、そもそもその商品自体を世界の人が欲しがっているのかといった問題があるからです。

例えば日本のお茶を販売しようとしている場合、日本のお茶を欲しがる人口がどれほどいるのかが問題になります。もしかしたら、日本の商品はクールだからといって日本のお茶を欲しがっている外国人がいるかもしれません。ですがそこまでたくさんの人が欲しがっているとは限りません。

一方で、日本酒のようにお酒好きの人に人気があるような商品は、比較的海外でも販売できる可能性があります。この点に関しては、実際にリサーチしてみないとわかりませんので、海外向けに少し販売してみるとよいです。つまりテストリサーチをして本当に反応があるかを調べるわけです。

テストリサーチの場合には、あまりお金を使わずに行った方がよいでしょう。失敗をした時に、傷が浅くて済むからです。半年から1年ぐらいテストリサーチをしてみて、採算が合うと判断した場合には、本格的に展開していくのがよいです。

とはいえ、最初から全世界に拡大するのではなく、まずはアメリカだけに限定することや中国だけに限定するといった形で展開するべきです。それがうまくいったならば、次々に国を拡大していけばよいでしょう。当然海外に発送する時トラブルも発生するため、それらも事前に対策をしておきたいところです。

本当に必要な情報を提供しているか

ECシステム・ECサイト構築を世界に展開する場合、商品の問題もありますがそれと同時に別の面も気にしておかなければいけません。商品自体は世界中の人が欲しがっているとしても、デザインが良くなければ売れない可能性があります。

このデザインに関しては、世界で共通したものはありません。もちろん世界の中で最新のデザインはあるかもしれませんが、全世界でだれもが受け入れてくれるデザインがあるとは限らないわけです。そこでまず国ごとにサイトを変えるなど、その国のイメージにぴったりのサイトを作る必要があります。

次に必要な情報を提供しているかも大事です。必要な情報とは、単に商品の説明文を英語や中国語にすればよいだけではなく、商品を購入して決算する場でもすべてその国の言葉にする必要があります。お客さんの中には少しでも間違えた文法などがあれば「怪しい」と感じて、購入してくれない人も出てくるでしょう。

そのため間違えた文法を使わないように、現地の人に協力をしてもらいサイトを構築するべきです。現地の人といってもいろいろな人がいますので、可能な限り信頼できる業者から人を紹介してもらうといいでしょう。

それ以外では、問い合わせを受ける場合だれが担当するかも重要です。オペレーターを用意する場合でも、必ずその国の言葉をしゃべる人がオペレーターとして仕事をしなければならないでしょう。

 

ECシステム・ECサイト構築を海外に展開する場合には、日本語だけではなく多言語ECを導入することが必要です。このとき大事になるのは、まずテストマーケティングをすることで、その後結果がうまく出たとしたら、ページのデザインにもこだわってみましょう。その国ごとにデザインを変えることが必要であり、また商品説明の文章やオペレーターの配置も重要になります。

おすすめ関連記事




サイト内検索