サイトのリニューアルや運用効率を上げたい方必見!おすすめのECサイト構築システムの最新情報を比較形式でご紹介!

ECシステムの成功はターゲット設定が鍵を握る理由

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/02/21

ECシステム・ECサイト構築をするときにはしっかりした戦略を練らないといけません。そうしないと商品をうまく売ることができず、商売が難航するでしょう。効率よく商品を売るためにはいくつかコツがあり、その中でも特に重要になるのがターゲット設定です。 ここではECサイトをうまく運用するときに必要なターゲット設定について紹介します。

どうしてターゲット設定が必要なのか

ECサイトを運用する前に、まずどのような商品を扱うのか決めます。家具を販売するのか、サプリメントを販売するのか決めましょう。

このときに重要になるのがターゲットです。誰に商品を売りたいのかを確認しておくと戦略を立てやすいです。例えば美容関係のサプリメントを売るとします。 美容と一口にいってもシワを改善できるものなのか、肌をきれいにするものなのか、商品により違いがあります。

そこで、販売予定のサプリメントには、どのような効果が期待できるのか確認をしましょう。シワを改善できる効果があるのなら、ほうれい線をなんとかしたい人や小じわが気になる人をターゲットに戦略を練る事が可能です。

基本的にインターネット上にある検索サイトを使っているユーザーは、目的があって使用をしています。目的を把握していれば、最適な商品を最適なタイミングでユーザーに提供できるのでターゲット設定は必須です。競合商品は非常に多く、ユーザー側からすると、どれを選んでいいのか判断が付きません。

そこで商品に対して説明を付帯させます。すると、この商品が自分に合っているものだと認識してくれるので、購買意欲を上げることが可能に。

上記のような訴求を行うことが、ECサイト運営において最も重要な部分でしょう。そのためにもターゲットを設定して、その人たちが気に入るような工夫をしなければいけません。

ターゲットを決めるときにはコツがある

これからECサイトで商品を売るのなら、ターゲットの決め方を知っておきましょう。必要になるのは“誰に商品を売るのか”という部分。対象の商品はウェブ上でプロモーションをするときに、どのような客層を狙っているのか最初に明確にします。

例えば男性なのか女性なのかをはっきりさせます。女性なら、どのような年齢の方に売りたいのかを決め、結婚をしている方なのかそれともしていない方なのかも重要なポイントです。

たとえば葉酸サプリメントの場合は、妊活に使われることが多いので、既婚者をターゲットにします。年齢に関しては範囲を5歳程度に絞り込みます。あまりに幅広い年齢をターゲットにしてしまうと、誰に売りたいのかというズレが生じるので注意しておきましょう。

例えば30代の方と20代の方では肌の悩みなどにも違いがあります。コラーゲンの生成量が減少している30代の方には、コラーゲンがたっぷりはいっている化粧品を売るといった具合です。

また価格設定もターゲットを絞る際に重要になる部分でしょう。ある程度お金を持っている裕福層をターゲットにするなら、少し高めの金額に設定します。

逆に中流家庭をターゲットにするなら平均世帯年収を調べて、無理のない金額に設定してみましょう。顧客が明確になればランディングページの作成なども容易に行えます。たくさん商品を売るために幅広い層に向けるのではなく、安定して売るためにターゲットを絞るのが成功の秘訣と言えるでしょう。

ユーザー視点でサイト構築をする

ECシステム・ECサイト構築をするときにはユーザーが使うことも考慮します。ただユーザーが使うことだけでなくターゲットを意識した構築が必要です。例えばファッションショップがあるとしましょう。ファッションショップはファッションアイテムを販売しています。

どのようなアイテムを販売するのかによってサイトデザインを決めると良いです。モード系のファッションアイテムを販売しているのなら、黒や白を基調としてシンプルでシックなデザインのホームページにします。モード系のアイテムは、カジュアル系のアイテムと比較したときに値段がやや高め。そのため、親しみやすいデザインにしてしまうと扱っているアイテムとサイトデザインがちぐはぐになってしまいがちに。

基本的にECサイトは商品を売っているだけではありません。サイトを使うことによるベネフィットも重要になるので注意しておきましょう。例えば顧客が高級なお店で高級な商品を購入する場合、自分は高い商品を高級なお店で購入したというベネフィットを得られます。

商品以外の部分でもメリットを提供する必要があるので、ターゲットを限定したサイト作りは重要です。ECシステム・ECサイト構築をするときはターゲットを絞ったサービスも重要になるでしょう。例えば優良顧客に対してセールの案内をしたり、高いポイント還元サービスを提供します。そうすることで優良顧客を逃さないようにできるのがメリットです。

 

ECシステム・ECサイト構築をするときには、ターゲットを絞り商品を広告することが大事です。特定のターゲットに絞ることで購買層が決まるので、ランディングページの作成などもしやすいでしょう。またユーザー視点でターゲットに合うサイト作りをするのも重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧